美人度を下げるデリケートゾーンのメラニン分泌を食い止めるための必勝スキンケア法とは?

デリケートゾーンの黒ずみは、普段ワックスや除毛クリームで自己処理する人だけでなく、医療レーザーで永久脱毛した人にも見られる事が多いです。

その原因としては、製品に含まれてる薬剤や脱毛器の熱から肌を一生懸命に守ろうとするが故に発生するメラニンの仕業と言われてます。

しかも、保湿不足の肌が下着の布地や生理用ナプキンと何度も接触する事でメラニンの蓄積を更にエスカレートさせていくので、黒ずみ対策には潤いを補給するケアと色素を抜くための美白スキンケアの両方は欠かせません。

ただデリケートゾーンは、外的刺激に対して非常に敏感な箇所でもあるので、普段顔に使ってるスキンケア化粧品で手入れするよりは、黒ずみ対策専用の美白クリームや石鹸を使うほうがいいでしょう。

最近はデリケートゾーン専用化粧品として(イビサクリーム)や(ヴィエルホワイト)がネット販売されており、配合されてる美白成分も国からきちんと認可を受けたものなので、肌が弱い人でも副作用の心配をせずに使えます。

又、石鹸であれば国内産の商品に目を向けるのもいいですが、中東の国の女性に人気の(ジャウムハーバルソープ)などは余分な皮脂や毛穴汚れだけを優しく洗浄してくれるメリットがあり、デリケートゾーンの周囲の肌に必要な潤いを残してくれます。

先ずは、いつも使ってる化粧品の成分に肌を必要以上に刺激する物が入ってないか確認し、該当するなら以上の商品に切り替えていく事もおススメです。

質が良い睡眠や食事やサプリでビタミンCやB群をこまめに摂る事も何気に黒ずみ予防に効果的ですから、今直ぐに出来る事から1つ1つ実現していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに関する情報ならこちらのサイトへ

美容のため汗をかく習慣を付けるようにしてます

10特別美容にこだわっているわけではないのですが、最近は美肌作りやむくみ対策のことも考えて、美容のため定期的になるべく汗をかく習慣をつけるように心がけています。

スポーツクラブがたまたま家から10分位の所に出来たので入会をし、週に2日ほどは一時間程度軽い運動をするようにしたり、休みの日や暇な夜などはデトックスをするためにスーパー銭湯へ行ってじっくりとサウナを楽しんだり、余裕が有る時には岩盤浴をするように心がけています。

普段はどうしても通勤も車だったり、冷房がよく効いているオフィスや家で過ごすので、意識しないとなかなか汗をかくことは出来ませんが、汗をかかないと老廃物が肌に貯まったり、むくみや体臭などの原因に繋がることも有ります。

汗を出すと体に溜まっていた余分な老廃物や水分などもスッキリ抜けるので、全体的に肌ツヤが良くなったり、ボディラインが細くなることも多いです。

美容のためにサウナや岩盤浴を利用する女性は結構多いですが、汗をかける効果以外にも美容の大敵である冷えを遠ざけられる点もお気に入りです。

汗といえばネガティブなイメージを持たれがちですが、個人的にはたっぷりと水分を補給しながら、適度に汗をかくことは美肌作りや代謝促進のためにもかなり効果があると思います。

美容のため、スポーツクラブやスーパー銭湯に行けない日でも、時間にゆとりがあればなるべくシャワーだけでバスタイムを終わらさず、湯船にお湯を張ってきちんと入浴することも最近は意識し始めました。